「らうん」とは僕がかつて暮らしたパプアの言葉で「旅する・ぶらぶらする」という意味です。光を描く画家、八坂圭が日々を見つめ、愛し、感じた事を福岡からつづっています。


by toktokpng
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

こどもの城

d0023742_21571537.jpg
今朝もまだ外には雪が残って、白い世界。

「でも二日も続けて休めたのに、どこにも行かないのももったいないね」
「じゃあ、こどもの城にいこう!」
という、妻の一言で今日の計画が決まりました。

23区内にすんでると、こういう時ほんとに便利だなとおもいます。
雪の中、電車を乗り継いで青山へ。
素敵な事がひとつ。子供も一緒にでかけるとき、乳母車が不可欠なのですが、
そのときに立ちはだかるのが駅の階段。何度も乗り換える場合など、夫婦で一騒ぎです。
バリアフリー。ユニバーサルデザイン。そういう事がなかなか広がってない事を、こういう立場で初めて知ります。
しかし、京成高砂から表参道まで、すべての昇降にエレベーターがありました。
乗り継ぎは押上で一度なのですが、五回エレベーターをつかいます。
一回も階段の上下はなし。これはなんだか、高砂から表参道まで、道が開けたような気分でした。

無事、岡本太郎の「こどもの樹」に迎えられ、初、こどもの城。

楽しかったです。よーく遊んでました。
二歳児にはまだ使えない施設もいっぱいありましたが、
これからの楽しみという事で。

いろんな所のこどもたちがここに集まってあそんでる。
肌の色、目の色の違うこどもたちも沢山いました。

また、こようね。
[PR]
by toktokpng | 2006-01-22 22:08 | 日常