「らうん」とは僕がかつて暮らしたパプアの言葉で「旅する・ぶらぶらする」という意味です。光を描く画家、八坂圭が日々を見つめ、愛し、感じた事を福岡からつづっています。


by toktokpng
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

木の花ガルテン

週末福岡で暖かい時間を過ごしました。この時期平均気温は22度くらい。昨晩、埼玉西部に帰ってきたら10度台の気温が肌寒く感じられました。
福岡はツツジがあちこちで元気よく咲き、藤ももうすぐという感じです。
以前にも書きましたが、福岡はそんなに東京と緯度が変わらず、南国風情というのはありません。しかし、宮崎や大分南部などの瀬戸内に面した所は南国ならではの気候で、その瀬戸内気団の影響で福岡もすこしだけ春の足音がテンポアップするようです。

南国の恩恵は気候だけではありません。大分に大山というところがあって、温暖な気候と豊かな人心に恵まれた土地から多彩な野菜を産み出しているのですが、その恵みを福岡の都市部にとどける「木の花ガルテン」というお店があります。
そのお店のレストランが一年ほど前実家の側にでき、今回いってきました。農家にお邪魔したときにいただけるような手作りのお惣菜が100種近く、それがバッフェで。
農村のハレの日、祭りの日にでもお呼ばれしないと味わえないようなご馳走が食べ放題。聞くと作っているのは大山の農家の主婦だとか。
南の恵みに感謝のありがたさに、思わず拝んでしまうよう。お薦めです。
[PR]
by toktokpng | 2005-04-25 10:35 | 日常