「らうん」とは僕がかつて暮らしたパプアの言葉で「旅する・ぶらぶらする」という意味です。光を描く画家、八坂圭が日々を見つめ、愛し、感じた事を福岡からつづっています。


by toktokpng
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

運動会

二時間ほど寝て保育園へ。
二度ほど子どもを送りにいった事があるが、あんなせまい保育園でなにをやるんだろう・・と思っていると、近くの中学校の校庭へ移動。なるほど。

砂地の校庭は水はけがとてもよく、外で運動会を行う事へ。
お父さんたちが集まって、保育士さんの指示で道具を運んだりテントを張ったり。
みんななんて挨拶していいのか、どんな話題をしていいのか、
なんだか黙々と作業をして、笑顔で会釈する程度のコミュニケーション。
二年、三年と続いていくと、顔見知りができるのだろうか。

うちの子どもは二歳と一歳。

まだ、競技と言ってもなにができるわけでもない。親と一緒に走ったり、お菓子をもらったり。
でも、家族四人とても楽しかった。

昼前には三歳以下の子どもたちは任意解散。せっかくお弁当を作っていっていたので、
江戸川の河原へ。雨はやんだが風がとても強い。昨日の豪雨で川は増水して景観が変わっていた。それにしてもそらが高い。雲が美しい。

そんな天気に誘われて、また、水元公園へ。
つく頃には夕焼けになりつつあるそら。広い公園を自転車で流しながら、
変わりゆくそらの色を楽しむ。

「奇麗だねー」というと、息子も「ウン・キレダネー」とハッキリしない発音で言っている。

帰り道、満月が水平の位置に顔を出す。

まんまる。

中秋の名月。
慈光。イエス様の光。

「オツキサダー!」息子も分かった様子。

澄んだ空気に冷たく、きりりと光の穴があいた。

空と大地の慈しみをうけて、僕らは育っていく。親も子も。
素敵な一日だった。
[PR]
by toktokpng | 2006-10-08 00:03 | 日常