「らうん」とは僕がかつて暮らしたパプアの言葉で「旅する・ぶらぶらする」という意味です。光を描く画家、八坂圭が日々を見つめ、愛し、感じた事を福岡からつづっています。


by toktokpng
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

3月になりましたね

1月はいく、2月はにげる、あっという間に3月です。今週は風邪をもらったりしました。すこし早めに帰ったりする余裕もあって久しぶりにテレビを見たりもしました。

月曜日のクローズアップ現代を見て、「千の風になって」のブームを知りました。

深いテノールでその歌詞を聞いた時、涙がこみ上げて来ました。僕ら地上で魂の学びを続ける者達に先立って、帰幽していった身近な人々は世界を駆け巡る風になっていつも側にいるのだから悲しまないでね、と、歌は優しく響きます。

その歌詞を聞いたとき、今までの出会いのなかで先立たれた魂に今も僕が見守ってくださっている存在があることを、改まって感じさせていただき、感謝の思いがこみ上がってきました。
その方とは本当に短い時間一緒に仕事をさせてもらっただけでしたが、無心に目の前の仕事に取り組む姿勢から、僕ははじめて働く事の中に生きる妙味があることを知らされたのでした。

いまでも、仕事の面ではいつもその方がヒントを下さってるように思います。

絵を描くときはその方の魂はまた、良き鑑賞者です。一度もなんの意見ももらった事はありませんから。

今日あたり、暖かい風が吹きだしました。多くの私達に縁のあるたましいたちが僕らの今を見守っています。
彼らから見たら、ちっぽけな事、価値の無いものにしがみつき、争い、本当に大事なものを置き去りにして、時に破壊し、時に創造する僕らの生活を見守ってくれています。

そうやって、毎日の生活と取っ組み合いながら、3月はさる。

残されてる時間を、大事に学びの場所にしていきましょう。
[PR]
by toktokpng | 2007-03-02 23:42 | 日常