「らうん」とは僕がかつて暮らしたパプアの言葉で「旅する・ぶらぶらする」という意味です。光を描く画家、八坂圭が日々を見つめ、愛し、感じた事を福岡からつづっています。


by toktokpng
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

岡田式浄化療法 〜ハンドヒーリング〜

d0023742_15452072.jpg


入院中になんども来て下さった療法士の方が自宅まで来て下さいました。
妻も僕が退院してほっとしたのか、少し微熱があったので、僕の腰や足に加えて、彼女もヒーリングを受けました。

今回の健康上のつまずきのお蔭で、随分の回数ヒーリングを受ける事が出来ました。

痛みや発熱の箇所、それを癒す為の急所など、自分の体をもって学び取る事が出来たのは大きな収穫です。

そして、この中間法人MOAが標榜するハンドヒーリングは「癒しの光」という物が中心概念にあるのですが、僕自身が沢山の光を受ける事で、僕自身がハンドヒーリングを施すときの光が、よりハッキリしてくる感じがあります。

退院してから、子どもや妻に療法を施すときの癒しの実感が深まっているのを確かに感じています。

精神の光による癒しというのは、僕が絵を描こうとする動機ととても不可分の物を感じています。そこには何か深いところで僕がずっと世界に対して感じている「根源」に近い気付きがあるように思われるのです。

僕が感じている「岡田式浄化療法」との出会いと縁がますます深まっていくようで、それが暖かい幸福感と希望の光を感じさせてくれます。

臨床試験による物理的に見た実際の効果や、症例集等の編纂が、多くの医師の協力のもと進められていると聞いています。本当に安全で、源から病を癒すための療法が広く世界の為に役立っていく時代が目の前に来ている。そう思います。

今日は出かけず家で過ごそう。こんな時、すこし広めのベランダは遊び足りない子どもたちの小さな運動場になります。引っ越して来たときは柵から落ちそうだったけど、いまは勝手に遊ばせておく事が出来るほどに子ども達も成長しました。

平安な日曜の午後。希望の光はいたるところに感じる事が出来ます。

目に見える光と、目には見えない光。
心より感謝します。
[PR]
by toktokpng | 2007-06-03 15:45 | MOA 岡田式健康法