「らうん」とは僕がかつて暮らしたパプアの言葉で「旅する・ぶらぶらする」という意味です。光を描く画家、八坂圭が日々を見つめ、愛し、感じた事を福岡からつづっています。


by toktokpng
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

佳日佳談

d0023742_18275010.jpg

最近、地球の悲鳴が少し耳に悲しいですね。
地球は生き物だから、ケアしてないと、どんどん調子わるくなってしまうのかな。

五年前の夏、僕は一年中が夏でした。

パプアニューギニア。あの1年間は特別な日々だったのです。

今日は、ネットを通じて知り合った、世界を旅するのが好きな青年に、ニューギニアで僕が撮った写真を見せる約束をしてて、1週間かけて準備しました。

あの年、僕は一万枚近くシャッターを切っていて、帰ってきてから、プリントもしないまま、月日がたっていました。今夜会う青年はイスラエルでボランタリーをした事があり、その時の写真をたくさん持ってきて呑みながら7月の夜に話を聞かせてくれたのでした。
それで触発されて、僕も写真をプリントしようと思ったのです。

全部は無理だから、1000枚。アルバムに詰めると凄い量になりました。

そこで、久しぶりにビルムを取り出して、持っていく事に。

写真で僕が掛けているのがビルムです。ビルムとはパプアニューギニアの言葉で「子宮」を意味します。また、大事なものを運ぶときに使う「袋」、もしくは単純に「バック」の事でもあります。

このビルムには、パプアニューギニアの国旗が編み込まれてます。
乳幼児の頃は、村のお母さん達はこのビルムに子どもを入れて運ぶこともあるし、大切な野菜や芋を何キロもいれて大事に運びます。

「ビルム」に入れて運ぶという、途方もない優しさの表現。

僕らも地球のビルムで育まれてきた命です。

出会いがあって、感動と経験を人々が共有し笑顔が広がる時、地球の悲鳴は少し和らぐように感じます。

地上での喜びを謳歌して、感謝の内に喜びを!

全てにありがとう!




 応援、ご協力お願いします!

[PR]
by toktokpng | 2007-08-18 18:27 | 日常