「らうん」とは僕がかつて暮らしたパプアの言葉で「旅する・ぶらぶらする」という意味です。光を描く画家、八坂圭が日々を見つめ、愛し、感じた事を福岡からつづっています。


by toktokpng
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

あまりに身近な異界

d0023742_1912475.jpg

最近は毎日たくさんのイメージが湧いたり、今、やっておくべき事、やれる事が沢山あって、保育園に送り出したあとの時間があっという間です。

作業場に籠って1日が過ぎてしまう事も多々あります。

今日はふと思い立って油山に行ってきました。

車で10分も走らないくらい。いつもは、無料駐車場のある展望台だけですが、今日は有料駐車場300円の、「油山市民の森公園」に入りました。

舗装された散策路をすこし離れて木々の中に入ると、渓流の脇を歩けます。

光、木漏れ日、せせらぎの音。更には鳥の声までも。

谷間を望み、視線の先には、はぜる水しぶき。

完璧に森の空気です。

油山は観光地でも、名所でもないですが、素晴らしい輝きと、調和のとれた光景を感じました。


水の湧くところを見つけ、意識をなげかけて見ると、パーンと心地よく響きがはね返ってってきます。

山の気を感じとると、一気に僕は元気になりますね。

先ほどまでの日常から、一枚隔てた異界へともう入っています。

かつて、僕らは山をつくり、川を産んで、空と海を愛でた。

まだ、僕らの本質が石や植物だった頃の記憶が蘇ってくるようです。


土曜日は早く保育園が終わり、子どもたちは遊びたりないようです。

「風船のとこに行きたい」

d0023742_19183683.jpg


はい。街の中にあるプレイルームの事です。

喧騒のなか、めいいっぱい遊びました。

今日は沢山眠るかな?

大人も子どもも、自分を解放できる場所が必要です。

ありがとう。

よい1日に、感謝。


僕と世界の間に、隙間があり、そこは愛で満たされます。


Much Love.

Kei
[PR]
by toktokpng | 2008-10-25 19:12 | 日常