「らうん」とは僕がかつて暮らしたパプアの言葉で「旅する・ぶらぶらする」という意味です。光を描く画家、八坂圭が日々を見つめ、愛し、感じた事を福岡からつづっています。


by toktokpng
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

阿蘇の彼方

愛するみなさんこんばんは。

昨日は阿蘇へ行っていました。阿蘇を拠点に、人々の真新しい生き方を模索している、とてもバランスのとれた仲間たちがいます。

今年、何度か手伝いにいった畑。阿蘇からも車でさらに一時間は行った山の中にあり、一年目の今年は、なかなか手が入れられませんでした。

仲間の1人が作ってくれた、様々な植物の種がはいった泥団子。カボチャやキュウリが穫れました。種芋をフィンたちが植えたところからも、ちっちゃな芋がとれました。

d0023742_218273.jpg


拠点にはトレーラーハウスも置かれて、ゆっくり、ゆっくりと、でも止まる事なく思いが実現していきます。

d0023742_21924.jpg


経済の大変換は、まだまだ続き、いろんな概念を覆すでしょう。
そのような事は、みな心の底では分かっていた事です。
そのときに、焦りではなく、怖れからではなく、計算高いありかたでもなく、ただ今の自分になにが出来るだろうか、大変革がおころうとおこるまいと、淡々と人間として宇宙に還元出来る生き方とはなんなのだろうか、と、問います。

それは、「わたしをいきる」という一言に尽きます。

そのように問いかけの時間を静かに高く澄み切った心で持てるならば、立て分けの時間の前のこの日々は宇宙からの祝福以外のなにものでも無くなります。

そのとき、何をするのか。それは人間の数と同じだけの道があるでしょう。

だれかが答えをくれるわけではありません。だれかが用意してくれた答えを選ぶのでもありません。

わたしをいきる。その道はあなたしか知りません。

僕は、僕の道を。その途上で響き合う光を愛のうちに打ち鳴らし、豊かな日々を送りましょう。


d0023742_2193737.jpg




すばらしい秋晴れのした、みんなで分け合って食べたベジタブルカレーはとっても美味しかった。


d0023742_21101273.jpg



 その先には

 時である前の

 すべてが

 ある



心を洗い、僕は、どれほど自分が幼く小さい宇宙の存在であるかをまた思い直し、また、且つ、いかに宇宙の愛に満たされ、おおくのメッセージを伝えて行く可能性があるのかを、青空のなか、感謝しなおしました。

今は、ブログなどで縁のあったみなさんに、こうやって、小さな絵を伝えていくのが、僕のとても大事な時間になっています。

パズルのピースのように、それぞれに必要な愛が、宇宙からあなたへ届きますように。


今日も、ブログをひらいてくれて、ありがとうございました。
[PR]
by toktokpng | 2008-10-29 21:10 | 日常