「らうん」とは僕がかつて暮らしたパプアの言葉で「旅する・ぶらぶらする」という意味です。光を描く画家、八坂圭が日々を見つめ、愛し、感じた事を福岡からつづっています。


by toktokpng
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

It will gradually...

d0023742_1113651.jpg


厚い雲の切れ間から、光が射しています。
きっと、午後には晴れ間を写真にとって、お見せできる事でしょう。

斑雲の空もまた、それぞれの美しさを持っています。

ぼんやり空を見ていたら、セックスとエロスとポルノという言葉が意味する事が、ちぎれた雲の端のようにほどけていきました。

似ているけども、まったく違うそれら。ポルノは、怖れや不安、暴力や支配が担っています。セックスは、肉体が為せる最大の創造でまったく神聖なもの。そして、エロスこそは、美を見出す精神であり、そこには怖れも不安も支配も非支配も、肉体的な具体性もなく、ただ、気体のような一瞬が連続して存在しています。

実際、生命が存在している時空はエロスにみたされているのであり、そこには緊張もなく、怖れもなく、ただリラックスしたよろこびがほほ笑みのうちに漂っています。

僕らは、エロスがポルノと機械的なセックスに浸食された時代を生きています。

そこに、光があります。

肉体に由来せず、エゴイズムにも由来しない、美しいやわらかなよろこびの復権。

そこに、新しい時代の奔流があります。


晴れ間が広がるように。


どうやら、また、このブログを絵ブログにして、日々の絵を紹介できそうな気がしてきました。
どうか、楽しみにしててくださいね。


今日もみなさんの素晴らしい日々を信頼します。

ありがとう。





東京レッスンのお知らせ

*手ぶらできて、自分の宝物と一緒に帰るまったくあたらしい絵のレッスン。
僕と一緒に絵を描く時間があなたを照らします。是非、ご参加ください。

[PR]
by toktokpng | 2009-05-22 11:12 | 日常