「らうん」とは僕がかつて暮らしたパプアの言葉で「旅する・ぶらぶらする」という意味です。光を描く画家、八坂圭が日々を見つめ、愛し、感じた事を福岡からつづっています。


by toktokpng
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

あじさいの頃

ランクが上がってきました。
ありがとうございました。
立ち寄られたついでに一日一回クリック
↓よろしくお願いします。
たくさんの方に、日常のほのかな輝きへの気付きが広がりますよう。

人気blogランキングへ



d0023742_187241.jpg


d0023742_188084.jpg



福岡市中央区役所の向かいの街路で見つけたあじさいです。
なかなか凛として咲いている。

この通りを北側にいくと賑やかな天神界隈。
南側にいくと、福岡城趾のお堀沿いの散歩道につながります。
その一本東側は、けやき並木の道になっていて、とても雰囲気が爽やかで温かい。

この辺りは、とても柔らかい雰囲気で、おしゃれだけどアーティーな感じはしない。
空気感がよくて、高校生の頃の僕は、その空気感のことを「物語性がある街」と呼んでいました。

それから18年くらいたって、東京のあちこちや、大阪、神戸、横浜、パプアニューギニアなどの街を見て知って、やっぱり福岡の街の物語性というのは、ここにしかない物なんだなと思います。

とてもコンパクトに都市機能がまとまっていて、気の流れが良い。

そんな福岡で、あちこちにあじさいが全盛です。

日本の風土が誇る、在来種の花です。
ということは、きっとこの風土にあった美意識が形として顕われているのでしょう。

花にくちづけを。

日々に抱擁を。

みなさんも、みなさんの街を抱きしめてくださいね。


いつも、ありがとう。



日々の絵はこちらでお求めいただけます。
Full of Love








写真
¥0-
クリックして購入^^
「四大」 文・絵 八坂圭

[PR]
by toktokpng | 2009-06-02 18:20 | 日常