「らうん」とは僕がかつて暮らしたパプアの言葉で「旅する・ぶらぶらする」という意味です。光を描く画家、八坂圭が日々を見つめ、愛し、感じた事を福岡からつづっています。


by toktokpng
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

山笠〜追山ならし〜

7月の福岡といえば、山笠です。いろいろと行事があって、最後に15日の追山があります。
素晴らしい神社である、櫛田さんの氏子行事です。

櫛田さんの近辺の衆が、幾つかのグループに分かれ、それぞれに趣向を凝らした舁き山(神輿のようなもの)を担いでタイムレースを行います。きっちり100分の一秒まで測って競うくせに、第一走者は櫛田神社を出る時に一度立ち止まって、祝い歌を歌い上げます。この神事なんだか俗事なんだか解らない熱狂のなかに、しかし町衆はみな真剣で、一丸となって、世代も超えて祭りを櫛田さんに捧げます。

そのタイムレース当日に備えて、12日にはレースのリハーサルである「追い山ならし」が行われます。リハーサルとはいっても、気合い充分です。今年はちょうど、その日が日曜にあたったので、子供たちと見に行きました。

d0023742_22282387.jpg
d0023742_22291515.jpg


趣向を凝らした山の飾りは、博多人形師たちの創意工夫です。

d0023742_2230054.jpg


夏の勢いです。

d0023742_22302160.jpg


こんな男達が、この街を支えているのです。

d0023742_22305196.jpg


子供たちは、懸命に声援を送っていました。

そんな年中行事が、中州川端で行われます。川端ぜんざいという名物があって、そこで冷やし金時をいただきながら川を見ていました。

「オトウサンが小さい頃はね、この川はとっても汚くてね、川のそこなんて見えなかったし、こんなそばに居れないくらいの匂いだったんだよ。それが見てごらん、今日は川底が見えて、ほら魚がはねている。」

そんな感慨を口にして、口にしながらなんだか未来的だなって、ひどく冷静に思ったりしたのです。

d0023742_22382728.jpg


帰りは大濠公園で遊んでいました。お掘の蓮は盛りをすぎようとしていましたが、幾つかのほころびが僕らに優しくほほ笑みます。

d0023742_22401842.jpg


帰り着く頃、家の空はうつくしい色に染まり、息子は「うすいむらさきの色できれいだね。」と言いました。
端的な指摘で、僕と僕の祖母の心が柔らかくなりました。

博多の休日がこうして暮れていきます。

すばらしい一日に心から感謝。



 
[PR]
by toktokpng | 2009-07-12 22:42 | 日常