「らうん」とは僕がかつて暮らしたパプアの言葉で「旅する・ぶらぶらする」という意味です。光を描く画家、八坂圭が日々を見つめ、愛し、感じた事を福岡からつづっています。


by toktokpng
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:日常( 216 )

そらをよく見る

最近、空がきれいです。雲も、光も、青色も、赤味がかってくる時間も、全てが美しい。
d0023742_20401896.jpg
d0023742_20402748.jpg
d0023742_20403540.jpg


美しいなあ。僕らは何一つ省かれる事なく、愛に包まれている。



間違いないようです。



 
[PR]
by toktokpng | 2009-07-13 20:41 | 日常

山笠〜追山ならし〜

7月の福岡といえば、山笠です。いろいろと行事があって、最後に15日の追山があります。
素晴らしい神社である、櫛田さんの氏子行事です。

櫛田さんの近辺の衆が、幾つかのグループに分かれ、それぞれに趣向を凝らした舁き山(神輿のようなもの)を担いでタイムレースを行います。きっちり100分の一秒まで測って競うくせに、第一走者は櫛田神社を出る時に一度立ち止まって、祝い歌を歌い上げます。この神事なんだか俗事なんだか解らない熱狂のなかに、しかし町衆はみな真剣で、一丸となって、世代も超えて祭りを櫛田さんに捧げます。

そのタイムレース当日に備えて、12日にはレースのリハーサルである「追い山ならし」が行われます。リハーサルとはいっても、気合い充分です。今年はちょうど、その日が日曜にあたったので、子供たちと見に行きました。

d0023742_22282387.jpg
d0023742_22291515.jpg


趣向を凝らした山の飾りは、博多人形師たちの創意工夫です。

d0023742_2230054.jpg


夏の勢いです。

d0023742_22302160.jpg


こんな男達が、この街を支えているのです。

d0023742_22305196.jpg


子供たちは、懸命に声援を送っていました。

そんな年中行事が、中州川端で行われます。川端ぜんざいという名物があって、そこで冷やし金時をいただきながら川を見ていました。

「オトウサンが小さい頃はね、この川はとっても汚くてね、川のそこなんて見えなかったし、こんなそばに居れないくらいの匂いだったんだよ。それが見てごらん、今日は川底が見えて、ほら魚がはねている。」

そんな感慨を口にして、口にしながらなんだか未来的だなって、ひどく冷静に思ったりしたのです。

d0023742_22382728.jpg


帰りは大濠公園で遊んでいました。お掘の蓮は盛りをすぎようとしていましたが、幾つかのほころびが僕らに優しくほほ笑みます。

d0023742_22401842.jpg


帰り着く頃、家の空はうつくしい色に染まり、息子は「うすいむらさきの色できれいだね。」と言いました。
端的な指摘で、僕と僕の祖母の心が柔らかくなりました。

博多の休日がこうして暮れていきます。

すばらしい一日に心から感謝。



 
[PR]
by toktokpng | 2009-07-12 22:42 | 日常

地上の光

とても精妙な空気のなかの、とても、空っぽな時間のなかに、紙やキャンバスを置き、僕自身空っぽになって、色と形を受け止めていく。


d0023742_13583315.jpg
d0023742_13584281.jpg


そのことにぴたりと自分が生きている事、自分がいる時間、場所が、そろったとき、過去に対しては無限の愛と感謝を、未来に対しては自由と信頼を、今という時点から送り出していく事が出来ます。

今のような生活形態をとるようになって、そのような瞬間の連続を生きていくようになりましたが、時によっては、なかなか筋から離れているように感じるときだってあるのです。

それだって、その一瞬は輝いて素晴らしいのですが、先日、木曜日に阿蘇へいって、草千里で絵を描いたようなそんな時は、より密接にいろんな事がつながっていきます。雲が多いけれど雨は落ちないその草原で、まさに僕は白い空間に包まれて絵を描きました。

たくさんの情報とエネルギーを受け取ったように思います。
僕のなかの輝かしいことと、地球やこの宇宙の輝かしい事が、響きあい、呼び合って、真新しい輝きが目を覚ますようです。

このような素晴らしい体験のなかで絵を描く事で、また、そこから新しい創作の光を見いだしていきます。

その事こそが、生きるという事なのだと、そのように実感します。

今年の11月に福岡で個展をすることになりましたので、その時に皆さんにもその輝きの共振を届けられるよう、さらに、透明な意識であるばかりです。

どうぞ、楽しみにされてくださいね。

ありがとうございました。
[PR]
by toktokpng | 2009-07-10 13:59 | 日常

光の日々

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。


d0023742_15114495.jpg


夏至の日は、キャンドルナイトを楽しんだのですよ。
蝋燭の光のなかで、本を読んだり出来たばかりの梅蜜を飲んだり。
子供もおばあちゃんも和みのなかに時間をすごしました。

d0023742_15121872.jpg


眩しすぎる光を静めて、仄かな火が見せる明るさに意識を向けた時、私たちはこの地球を選んで生まれて来た遠い約束の日の事を思い起こすのかもしれません。生まれる事がゆるされたその喜びの日を、思い起こす事で優しくなれるのかもしれません。

そして、七夕の日がやってきたのでしたね。保育園では、すこし早い土曜日の日に七夕会がありました。
雨がすこし降ったり、止んだり。でも、お祭りは、お祭りらしく最後まで終える事が出来ました。

うちの二人の小さな奇妙な生き物達は、とても上手に踊って、とても浴衣と甚平を着こなして、僕もジイジもバアバもヒイバアバも、目を細め、成長を感謝するのでした。

そして、一人一人すべての子供たちが、この地球での時間を共有する家族であり、子供たちであります。
愛おしく、ただただ子供たちの命に感謝して見守るおもいです。

d0023742_15424617.jpg


娘はよく和装が似合うのですね。そういえば、この子の母親も、和風な雰囲気を持っていました。
長所を生かす佇まいを身につけて欲しいと、親は思うものですが、そのような思いすらも手放し、ただありのままを見守るようでありましょう。何をどう着こなしてたって良いのです。


d0023742_15552157.jpg


保育園の横は、ちょっとした公園になっていて、蓮が密生する池もあります。
その公園の雑木林に夕日がおちて奇麗でした。
準備や片付けを終えた、保育園の父兄が夕日の中を歩いて、地上に家族の時間が訪れます。

翌日は、山に沢遊び。

d0023742_1557487.jpg

d0023742_1623249.jpg
d0023742_1625589.jpg
d0023742_16362.jpg


生きているものを見つめる。切っ掛けは知的興味かもしれません。
息子は、カニにいろんな大きさがある事を発見して喜んでいました。
そして、捕まえたカニを沢に戻すことの大事さを言っていました。

僕はただ、赤子のように目に映るすべてを感じ、感じているすべてを自らのことのように体験していました。

帰りは、雨にうたれて気持ちよかった。

そうやって、僕の日々は重なっていきます。
ただ、感謝だけが、積み重なっていきます。
[PR]
by toktokpng | 2009-07-09 16:06 | 日常

ありがとう

d0023742_19352049.jpg

d0023742_1935201.jpg

d0023742_19352099.jpg

今日は子どもが保育園で「父の日」の絵を描いてきてくれました。

感動。


花の写真は、母の日に妹が送ってくれた寄せ植え。あれから1ヶ月、いろいろな花を入れ替わりに咲かせて、また今日、新しい青い花を見せてくれました。

今生、家族をやっているのも、何かの縁なのです。


ほどよい距離感のなかに、感謝が響く風通しのよい家族へと。


あたたかい夜が降りてきます。






毎日読んでくださってありがとうございます。
一日一回クリック
ランキングアップご協力↓よろしくお願いします。

人気blogランキングへ


日々の絵はこちらでお求めいただけます。
Full of Love



写真
PDFブックです。
クリックしてダウンロード^^
「四大」 文・絵 八坂圭

[PR]
by toktokpng | 2009-06-19 19:35 | 日常

草たち

d0023742_102455100.jpg


阿蘇の奥の方に、仲間たちと未来に向けて実験農作業をしている場所があります。
主催者の行動力で、段々形になりつつある。

僕もときおり訪れては、作業のお手伝いをさせていただいています。

d0023742_1027533.jpg


d0023742_10272252.jpg


緑の中にいると、魂は本来の輝きを徐々に取り戻していきます。

ここが、どこの星だかわからなくなっていくような感覚。

遠い星でも、こんな時間を体感したような。何億年も前に。

そんな、ミラクルな気分が、当たり前かのように頭をよぎります。



すばらしいこの世界。



キャベツやら、さやえんどうやら、収穫して帰りました。



土にありがとう。






毎日読んでくださってありがとうございます。
一日一回クリック
ランキングアップご協力↓よろしくお願いします。

人気blogランキングへ



日々の絵はこちらでお求めいただけます。
Full of Love



写真
PDFブックです。
クリックしてダウンロード^^
「四大」 文・絵 八坂圭

[PR]
by toktokpng | 2009-06-19 10:30 | 日常

アイノウタ 2

d0023742_81361.jpg

夢を見たんだ

誰もが愛し合って

寂しさの中で凍える夜を脱ぎ去って

手を取り合って

微笑んで

何一つゆるせないことなどなくて

小川があって

畑がある

山があって

道をゆく

皆がその日の恋人たちと

夢を見たんだ

誰もがかけがえのない一つだけの輝き

誰もが必要で

誰もが自由

とても懐かしい

あの世界



みんな覚えてるかなあ




ランキングアップにご協力を
人気blogランキングへ


日々の絵はこちらでお求めいただけます。
Full of Love



写真
PDFブックです。
クリックしてダウンロード^^
「四大」 文・絵 八坂圭

[PR]
by toktokpng | 2009-06-18 08:13 | 日常

アイノウタ

d0023742_1565325.jpg

どこまでも

どこまでも

柔らかく暖かく

包み込むような

草原からの風

たくさんの花の香りをのせて

あなたの頬をそっと撫でる

手をひろげ

光の粒をうけ

愛の言葉を解き放つ

その言葉は奥深く

あなたの中心からこみ上げて

限りない自由へとつなぐ

光の道を紡ぎだす









ランキングアップにご協力を
人気blogランキングへ


日々の絵はこちらでお求めいただけます。
Full of Love



写真
PDFブックです。
クリックしてダウンロード^^
「四大」 文・絵 八坂圭

[PR]
by toktokpng | 2009-06-17 15:06 | 日常

朝日を見に

d0023742_8591224.jpg

油山からの朝日。

昨日の夕日は、車で15分程いった、油山の展望台から観たものです。
いつもそこに散歩に来ているおじさんが「さっきまで、イノシシがいたぞ」と碧くんにいいました。

「イノシシ見たい!」

そうか、見たいか。

この展望台では、イノシシが人間になれてしまって、朝や夕方皆の前にあらわれます。
すこし、問題があるようにも思うけど。
まあ、いいや。
早朝、見にいこうか。

夜明けに、「碧くん、五時だよ? イノシシ見に行く?」
きっと起きないだろうと思って声をかけると、びよん!と飛び起きて、「うん!」

眠い目をこすって、展望台に。

朝日がきれい。

でも、イノシシはいませんでした。

朝日に「おはようございます」と伝えて、かえりました。


d0023742_8592296.jpg


庭のキュウリも順調です。


素晴らしい時間を、よくばらずに、淡々とうけとっていく毎日です。

ありがとう。





毎日読んでくださってありがとうございます。
一日一回クリック
ランキングアップご協力↓よろしくお願いします。

人気blogランキングへ



日々の絵はこちらでお求めいただけます。
Full of Love



写真
PDFブックです。
クリックしてダウンロード^^
「四大」 文・絵 八坂圭

[PR]
by toktokpng | 2009-06-17 09:09 | 日常

あおい空

d0023742_10491999.jpg

今日も晴れてる。

梅雨入り前のほうが雨ばかりでした。

天の意図は僕らの思い。


頭でなく心でこの気候を感じます。
[PR]
by toktokpng | 2009-06-15 10:49 | 日常