「らうん」とは僕がかつて暮らしたパプアの言葉で「旅する・ぶらぶらする」という意味です。光を描く画家、八坂圭が日々を見つめ、愛し、感じた事を福岡からつづっています。


by toktokpng
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:創作( 251 )

d0023742_8254268.jpg


3 -ぼくらも3でできているのか-

きっと今週ぼくが挙げたよりもっと多くの物が3で出来てるだろうし、
読んでくれた皆さんは、きっといろいろ思いついたことでしょう。

ところで、僕ら自身はどうなんだろう。
僕らもやっぱり「3」で出来ているのかな。

体や心や人生という樹木を眺めてみたら
いろんなところに3のリズムが見つかるかもしれない。

いち、にっ、さん。

リズミカルに生きる事。
それがきっと一番あたらしい明日を連れてくる。

それ、じゃあ、また!
[PR]
by toktokpng | 2007-04-14 08:26 | 創作

3 -人の優しさ-

d0023742_805674.jpg


3 -人の優しさ-

心があって、行為があって、隣の人がいる。

その三つがそろった時、優しさという現象が地上に生まれる。

いち、にっ、さん!
いち、にっ、さん!

優しさは人間が生み出せるもっとも尊いもの。
神様が3から全てを造ったときのリズムが生きる時。
[PR]
by toktokpng | 2007-04-13 08:01 | 創作

3 -親子-

d0023742_0594886.jpg

父さんがいて母さんがいて子が生まれる。

3人。

兄弟がいくら増えたって、3のリズムをわすれたら、
3人ともが居場所を失う。

神様は一番大事なものを造る時、決して3のリズムを忘れない
[PR]
by toktokpng | 2007-04-12 01:00 | 創作
d0023742_3125293.jpg


3 -月と太陽と、ぼくらの星と-

どこまでも広がる真っ暗な宇宙。その中ではっきりと僕らに存在を示してくれる月。真昼には大きすぎて丸い星だって忘れそうになるくらいの存在の太陽。

それから、いまも足でしっかり存在を確認中の地球。

僕らの人生はこの3つの天体のがメインステージになって繰り広げられる。
太陽と月。月と地球。地球と太陽。切っても切れないふかーい関係。

この3つのリズムがいつも僕らにドラマを与えてくれる。
[PR]
by toktokpng | 2007-04-11 03:13 | 創作

3 -さざ波-

d0023742_8282971.jpg


ざざざっ ざざざっ。
夜の浜辺で波の音に耳を傾けてみよう。
ちゃんとリズムがある。

その音を聞きながら、僕はいつも三つ数える。
海と僕らには同じリズムが刻まれてることを、いち、に、さん、と数えながら確認していくのだ。

寄せて、引いて、大きくかぶさる・・・
ざざざーのリズム。
[PR]
by toktokpng | 2007-04-09 08:28 | 創作

3の物語

d0023742_23112734.jpg


今月も絵のシリーズをやろうと思う。
こんどのテーマは「3」という数字の物語。

まだどこにも何も存在していなかった頃、3と言う数字があった。
とてもいいリズム。この「3」さえあれば何もかもが生む事が出来そうだと、きっと神様もお考えになったに違いない。
僕らの周りには「3」が溢れている。そして「3」リズムを忘れなければきっと人と世界は離れる事はない。

僕は明日から、「3」を見いだす事の出来る「何か」を挙げていくけれど、
それはきっとほんの一部。このブログを目にかけたら、そこから皆さんの身の回りの「3」を探してみて欲しい。
[PR]
by toktokpng | 2007-04-08 23:11 | 創作
d0023742_23451958.jpg


昨日の話の続きで、ヒーリングの仕組みに付いて。
[PR]
by toktokpng | 2007-03-25 23:46 | 創作
d0023742_6172316.jpg


「もともと一つだったのだよ ぼくらは」

別れを経た魂は、しかし理由があってもう一度出会います。不思議なのは、もうからだにも時間にもとらわれる事無くお互いが溶け合う場所がすぐに分かってしまう事。「ひとりの人」とはこの世界の全ての「人」。出会う相手もまた「ひとりの人」だったのです。精霊達は花や音を通して、僕らに「人」と「人」がもともと一つの大きな光の一部だった事を気づかせようと働いていたのです。なぜかいまは「ひとりの人」は二人だけれど「ひとりのたましい」を感じる事が出来ます。そのとたん風の音や、風景の中の花達がしきりと自分たちに話しかけている事に気づきます。
「ユニティ」。その中で「ひとりのたましい」はまた新しい出会いを求めて、一歩を投げ出そうとしているのでした。

そして、また、もういちどはじめから・・・。
[PR]
by toktokpng | 2007-03-18 06:27 | 創作
d0023742_5155798.jpg


「ハナレバナレの時」

お互いの魂がいろんな方法で、お互いの性質を交換しあったあと、二人はそれぞれにその課題を持ち帰って、また、それぞれが「ひとりの人」になりました。それまでよりも幾分か暗く感じられるような世界に、「ひとりの人」はそれぞれに「悲しみ」という時間を味わいます。ゆっくりと、しとしとと雨が降るようにそんな時間が積み重なり、だけれど、未整理の受け取った要素が徐々に居場所を見つけ、魂はヒトリゴチル場所を見つけます。
[PR]
by toktokpng | 2007-03-17 05:16 | 創作
d0023742_4484461.jpg


「それから」

出会った二人の間には、イロンナコトがあります。
[PR]
by toktokpng | 2007-03-16 04:49 | 創作