「らうん」とは僕がかつて暮らしたパプアの言葉で「旅する・ぶらぶらする」という意味です。光を描く画家、八坂圭が日々を見つめ、愛し、感じた事を福岡からつづっています。


by toktokpng
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:カルチャー( 32 )

リニューアルです

らうんログの更新はしばらく休止しております。
新しいホームページは
http://yasakakei.com/です。

「圭通信」をメールでお送りしておりますので、よかったらご登録下さい。
ご登録も、ホームページの「お問い合わせ」から行えます。

ありがとうございました。
[PR]
by toktokpng | 2010-11-01 21:56 | カルチャー

5月東京アートレッスン

d0023742_17294160.jpg
d0023742_17295742.jpg


「八坂圭のアートレッスン」

直観を生かして、宇宙に満ちている見えざるエネルギーを絵に変換して行くアートを、みなさん自身が生み出していきます。
そのような画期的な技術を、アートレッスンを通じて学んでいただけます。
水と、色と、滲みと、直観と。

このレッスンを通じて、あなたの人生の質を高めて下さい。

今回、5月14日(金)〜16日(日)に、西麻布で受講していただく事が出来ます。

15日(土)に、明治神宮での、野外スケッチによるレッスンも企画し
ています。画材は通常のレッスン同様こちらで準備しております。

また、今回は、みなさんのアートに僕も一筆、恊働させていただこうと思っています。コラボレーションアートワーク。どうぞ、ご参加ください。

■2010年 5月東京アートレッスンお知らせ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
14日(金) 1. 11:00〜13:00 2. 14:30〜16:30 3. 18:00〜20:00
15日(土) 4. 11:00〜13:00  5. 14:30〜16:30 6. 18:00〜20:00
16日(日) 7. 11:00〜14:30(明治神宮レッスン) 8. 18:00〜20:00
会費:大人8,000円 親子ペア(7才まで)10,000円
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
お申し込み・お問い合わせ
場所:西麻布 H.I.T Design Salon
mail:haruru_bb@yahoo.co.jp
担当:HARUKA
haruru.bb@docomo.ne.jp
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4586613
HARUKA携帯:090-4369-9785
圭携帯:080-6546-8855
[PR]
by toktokpng | 2010-05-09 17:33 | カルチャー
d0023742_2263457.jpg


この日記は、友人の呼びかけの転載です。
要旨としては、2010年になったら、1月3日を始めとして、毎週、日曜日の21:30〜0:00の間で時間を見つけて、全世界へ、あなた自身からの愛と光を送り出すイメージの祈りを共有しましょう、という事です。
是非、ご参加ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

みなさん〜2009年の一年間、「愛と光」を地球さんや地球の存在たちのためにありがとうございました〜

最近12月23日の、「愛と光」の放出と増幅融合にも、ご参加ありがとうございました〜
直後から数日辺りまで、日本の大都市を含めて日本が持ち直していました〜
けれども実情をお話しますと、その後また下降の傾向を否めませんね〜
日本全体の波動としましても、以前のように世界の国々の中に於いても
輝いていた時期とは、何故か異なっています〜

2009年も最後の日となり、明日からは新しい年となりますが、
2010年はさらに浄化の年となり、私たちはそれぞれの段階に応じて
宇宙の計らいを受け入れることが必要となります〜
2010年をどのような年にするかは、一人一人のあなたに起因することになります〜
どんな状況下においても最小限のブレに留めて、同調することなく自らをさらに
光り輝かせて行きましょう〜
そして一人一人がそのようにあることが、日本を輝かせまた世界に「愛と光」を増幅する結果へと導くことになるでしょう〜
さらなる浄化の年2010年を、素晴らしい一年と感じれますように、それぞれのみなさんが、今を今をこの瞬間を、「愛と赦し、感謝と奉仕」にありますよう心から願っています〜

何年も伝えてきていることではありますが、再確認のために基本をお伝えしておきますね〜

①自分自身を過小評価しない。

自分自身を小さく見積もったり、自己卑下するあなたは、まだ自分自身を知らないのです〜
あなたがどんなに素晴らしい宇宙の存在として、今この地球に在るか〜
私たちは宇宙の創造主=宇宙愛=宇宙の大いなる根源のエネルギー=宇宙神の
分かれであります〜
そして人間はには宇宙意識があり、宇宙意識が活性化すれば、
あなたが望むように全てがそのようになっていきます〜
比較する癖を取り外し、あなたがあなたを信頼することに始まり、あなたがあなたらしく生きていく、活動していくことが基本です〜
もちろんあなたの中心軸は「愛と調和と平和」にあることが前提であります〜

②自己限定しない
あなたがもし、こうでなければ〜こうであるべきだ〜と思っていたら、それはあなただけの思いに過ぎません〜
あなたのその思いの中に人が当てはまらずに、相手を批難することのほうに問題があると捉えましょう〜
地球は様々な周波数の段階の集合体で、珍しい星と言われていますね〜
地球の人口約68億の人々の顔が全部違うように、全ての人にそれぞれの考えや思いがありますから、それがあなたと違っていても、それを自分自身の枠に当てはめずに、
違っていても受け入れることが必要です〜
なぜなら彼らは今、それぞれのプロセスを踏んでいる最中だからです〜
やがては気づき学び高まると、大きく深く息を吸って見守りましょう〜

③二元対立しない
そうすれば相手を受け入れることへと導かれ、二元対立が起きずに争いも減り、
自らの周波数は上がっていきますね〜

④執着しない
これから地球は半霊半物質の世界になると言われていますが、オッコもそう言っています〜
つまりは今までの物質優先になりがちであった地球が大変化を迎えて、何がもっとも
大切であるか〜すなわち「愛」であることを前提として人々が融合していくことになります〜
個人主義からマクロである全体に目を向けて、奉仕の精神を持ってマクロに、自分に何が出来るかを、自らに問いながら歩む時代になって行きます〜
それには物質に捉われる自分自身を手放していくプロセスを踏むことになるでしょうし、また物質だけでなく、もちろん思いにも捉われずに淡々とあることが望まれ、気づきの現象を味わうことになるでしょう〜


こうしてワンネス=一つの源へと、私たちは気づきと学びの旅をさらに続けますね〜


さてみなさん、2010年1月3日は日曜日です〜
2010年からは、日々の「愛と光」の融合を継続しながらも、さらに「愛と光」の素晴らしい補強のために、
毎日曜日の夜9時半〜夜12時までの間、「愛と光」の融合増幅をスタートすることにします〜
冒頭でお話しましたように、その日その時だけではすでに、世界の負のエネルギーを「愛と光」に永続的に転換することは不可能にあります〜
どうかご賛同のみなさん、是非1月3日の夜から活動を始めますので、日曜日は真摯に爽やかに、軽やかに、「愛と光り」をこれからよろしくお願いしておきますね〜



ワールドピース!
地球さんありがとう!
宇宙に感謝!
オッコに感謝!
見守る多くの高次の存在たちに感謝!
私たちはさらに光り輝きます!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]
by toktokpng | 2009-12-31 22:06 | カルチャー

トウゲンキョウ

d0023742_10275621.jpg


あっという間の年末ですね。みなさん素晴らしい一年でしたか?来年はさらに素晴らしい年となると信頼しましょう。

さて、年明け早々私たちはさわやかなアートイベントを企画しています。踊りと歌とピアノとドローイングの融合。音や色と光の響きあいの中に、あらわれてくる私たちの意識の共振。それを皆さんとともに共有したいと思
います。どうぞ、お誘い合わせの上ご参加ください。

イベント後は、ライブペインティングのかけらをいつものようにプレゼントします。

尚、会場の都合上、20名様限定のイベントとなりますのでお早めにお申し込みください。

☆参加費用は当日お支払いください。
☆申し込みいただいた方で当日参加出来なくなってもキャ ンセル料は発生いたしません。

日時:2010年1月11日(祝) 12:30(開場)
   13:00〜15:00
場所:「森のテラス」(京王線仙川駅より徒歩約10分)
    http://www.moritera.com/tokyo/map/access.htm
   お申し込みいただいた方には詳しい場所の案内を
   お送りします。
料金:\2,000-(お菓子とお茶をお出しします)

お申し込み:u.tougenkyo@gmail.com

森のテラスは民家を改築した風通しのよい施設です。お好きな場所に座って音楽を楽しみいただけます。季節柄必要に応じて、マット等をご持参くださると快適におくつろぎいただけます。

メンバー紹介
▼nilksnow
感じるものを純粋に表現するために”言葉”という形にこ
だわることなく、イメージの赴くまま溢れ出る音を声で
奏でるvoice performer
http://www.myspace.com/fulnilksnow

▼新屋賀子
ピアニスト、カウンセラー。
個人での演奏の他、誘導瞑想や絵などとのコラボレーシ
ョンを通じて、心身に深く働きかけ、魂と静かに響き合
う音のあり方を探り実践している。
2009年2月、ミニアルバム『Blessing Your Life』発売。

▼しまだまい
類い稀なるベリーダンサーSHALAとの出会いで踊ること
に目覚める。空、風、大地、海、光、月、星々を色や季
節と一緒に旅をするように踊り続けている。

▼八坂圭
アーティスト。
パプアニューギニアにアートを学びに留学していた経験
を持つ異色の画家。銀座、福岡などを中心に絵画展を多
く企画し、絵を描き続ける。近年は音楽とともに絵を描
くライブペインティング活動を行っている。
http://toktokpng.com/
(toktokとはパプアの言葉で「おしゃべり」の意)



新しい一年が始まりつつあるこの時期、どうぞ皆さんで心穏やかな時間をお過ごしください。一同、愛と輝きをもって、時間と場所をやわらかくつつむようであります。

どうぞ参加お申し込みください。
u.tougenkyo@gmail.com

お読みいただきありがとうございました。


トウゲンキョウ
[PR]
by toktokpng | 2009-12-29 10:28 | カルチャー

東京レッスンのおしらせ

d0023742_16433195.jpg



「水と色のエネルギーによるプライベートアートセッション」八坂圭 in Tokyo


絵を描く事を難しくとらえていませんか?
だれでも良いセッティングと適当なガイダンスがあればその人にとって最高のアートを生み出す事が出来ます。
光と色の画家、八坂圭が東京・日本橋の隠れ家で特別プライベートセッションを行います。
水と色にゆだねてあなたのエネルギーとのセッションを楽しみましょう。
よりピュアな自分へとつながる窓を、あなた自身のアートが開いてくれます。
僕が確実にそのお手伝いをさせていただきます。


内容:水と色のエネルギーによるフリードローイング体験
   44枚のアートカードによる個別リーディング

(年齢制限はありません。お子さんの参加もお受けいたします)

¥6,000—(画材費など含む)
当日は必要な道具、絵具等はこちらで用意します。手ぶらでおこしください。
約90分のセッションで、あなただけのアートを数点お持ち帰りいただけます。
(絵をはさんで持ち帰るための簡単な台紙も用意します)

セッション時間

各回4名定員

6/5(金)13-15時 コース1
     16-18時 コース2
     19-21時 コース3

6/7(日)13-15時 コース4
     16-18時 コース5
     19-21時 コース6

セッション会場

アルファリート日本橋
*アクセス
日比谷線・都営浅草線 人形町駅徒歩3分
その他最寄り駅は下記リンクを
http://www.style21.co.jp/nihonbashi/map.html


※ご予約は八坂圭(kei@toktokpng.com 携帯080-6546-8855)まで。先着順にて受付いたします。

人数が限られますので、お早めにご予約ください。
[PR]
by toktokpng | 2009-05-14 16:44 | カルチャー
みなさんごきげんよう。

毎日、日記を書けるくらいには生活が落ち着いてきたので、今日からシリーズでシュタイナーの「薔薇十字会の神智学 著:ルドルフシュタイナー 訳:西川隆範 平河出版社」から、箴言だなあと思う言葉を紹介したいと思います。

実家に戻って、10数年前のままの本棚に、かつて自分がよんだ本がそのまま収まっていました。書物はなるべく溜め込まない方がいいというのが、今の直観ですが、一冊気になったのがこの本です。

これは、祖母からもらった本でした。

環境保護を訴える活動などを、血気盛んにしていた祖母は、家族皆から煙たがられていましたが、僕に取っては貴重な理解者でした。

おそらく、ドイツ緑の党の実績などをどこかで紹介され、その思想のバックボーンとなっているシュタイナーに彼女は興味をもっていたのでしょう。

祖母が紹介してくれたシュタイナー関連書は、これともう一冊小貫大輔さんという方が、ブラジルでシュタイナー教育の実際を体験されて書かれた「耳をすまして聞いてごらん」です。

小貫さんの本は感動的な一冊です。祖母もこの本は読んだようですが、「薔薇十字〜・・」の方はさっぱりだったようです。

僕も、その本を渡されたのは14歳の頃。正直最初はチンプンカンプンでした。しかも、薔薇十字会の事を他の本で調べるのとは、随分おもむきが違うことが書かれています。

今、また、読み返すと、多角的に捉える事が出来て、違った味わいです。

マイミクのみなさんは、それぞれ、書物や実体験、また波瀾万丈な人生経験をつまれながら、真実、若しくは愛へと至る多くの道に気付かれた方ばかりなので、このシュタイナーの講演録からの引用に、知的・感覚的収穫を得てくださるのではないかと感じています。

さて、前置きが長くなりましたが、今日の一節。

「肉体を人間の周囲に広がる鉱物界の一部と見なしたときに、肉体について正しい観察ができます。 ー中略ー  肉体の中に働く力は宇宙から送られてきています。このことを洞察した者は、あたかも虹の本質を体験したかのように感じます。」

シュタイナーの世界観では、人間を「肉体・エーテル体・アストラル体」という幾つかの性格の違うエネルギー体の総合として捉えます。また、特徴的なのは、そのエネルギーの働き方として、「意識魂・悟性魂・感覚魂」というあり方があり、それらのエネルギーに働きかける存在として、「自我・霊我・生命霊・霊人」という存在を前提とします。

この事が、シュタイナー思想の「いろは」になっています。

この概念は、皆さんそれぞれの学びのなかで得てきた概念に、適宜置き換えていただければいいと思います。

大雑把に、心、魂、体というようにおきかえて頂いてもかまわないと思います。

興味深いのは、「虹の本質を体験したもののように」という表現です。

肉体が、どれほど人間存在にとって、ほんの一部分なのか。

人間を構成するエネルギー体は、本来ひとりのエネルギー体が、銀河一つ分ほどの広がりを持つとも言われています。

そのような広がりの中で、肉体という学びを選択し、この地球上に存在する我々にとって、肉体とは本体に対してモノポリーの駒ほどの部分でしかないかもしれません。

鉱物というステージも、人間へと進化した魂存在は経験済みだとも、シュタイナーは述べます。

そして、鉱物界というのは、すでに我々は終了したステージです。ですが、終了している分、鉱物界というのは、われわれ人間界よりも高い完成度をもっているともいいます。

その、ような完成度の高い鉱物界に、人間のエネルギー諸体が働きかけているという構図で人間を観察するとき、われわれの人生というものが、宇宙的な広がりと意味をもって立ち現れてきます。

みなさんの立場から、この言葉において、また僕とはちがった、気付きがあるかもしれません。

皆さんのご意見もお聞かせいただければ、幸いだと存じます。

本日もお読みいただいた皆様。

心から御礼もうしあげます。

ありがとうございました。
[PR]
by toktokpng | 2008-04-22 18:06 | カルチャー
【プロジェクトの内容】

「愛・感謝のプロジェクト」は 世界平和を願うMIXIユーザーたちが、毎月23日に自然界や家族・友人・知人などに感謝の念を捧げる平和プロジェクトです。

企業・宗教・NPOなどのいかなる団体とも関係がなく、ひとりひとりが自発的に参加し、広げています。

【参加方法はカンタン!】

「愛・感謝のプロジェクト」というタイトルで毎月23日に日記を書くだけです。


d0023742_19155617.jpg



[ 絵のタイトル ーUniverseー ]


もう一度地上に生まれてくる事を、許して下さった神様に感謝します。

みんなでいろんな事を試しながら、つまずいたり、喜んだりしながら、場所と時間を無限に提供してくれる宇宙に感謝します。

今日は、家族で品川の水族館に行きました。宇宙を飛ぶ生命体のように、マンタやイルカ達が自由に泳ぐ姿を見せてくれました。

電車で子ども達と移動するのは一苦労です。電車の中で、子どもが落としてコロコロところがって行ったジュースのボトルを拾ってくれた見知らぬおじさん、ありがとうございました。

反省ばかりさせているけど、いつも自信を失わずに歩み続ける僕自身にも感謝します。

いつも僕の絵の最初の観客で、そこに光を見いだす天才の伴侶。本当にありがとうございます。

子ども達、両親、姉妹、にぎやかな親戚達。あなた達とともにこの時間と場所を生きている事に感謝します。

今日降った雨、今日吹いた風、今日いただいた大根とトマトを育んでくれた大地、今日、笑顔で家族と過ごす力をくれた暖かい心の中の炎。いつも、全ての仲間達への無償の奉仕に感謝します。

僕らはあまりにも多くの力に支えられて、ありがとうを言う暇もなく毎日を送っています。立ち止まり、もういちど、声に出して、感謝のリストをつくって行けば、ここに掲げる事が出来ないほどの長さになります。心の中でそのリストを全て目を通して寝不足になるなら、それはとても愛のある夜更かしでしょう。

これから毎月23日に、そういうチャンスを作って下さった方がいます。

伸介さん。ありがとう。あいしてますよ。

SNSやブログをもっているならば、いや、もし持ってなくても、心の中で、

あなたもこのプロジェクトに参加してみてはいかがですか?

感謝と愛は、自分がその対象ではなくても、宇宙に光をもたらすものです。

日々が暗いという前に、自ら灯をともす事が出来る事を、感謝します。

いつも、きょうも、ありがとう。
[PR]
by toktokpng | 2007-09-23 19:37 | カルチャー
d0023742_6161445.jpg


風シリーズをやっているあいだ、反響が伝わってきました。ブログを初めてこんなに沢山コメントを頂いた事はありませんでしたし、一週間に256カウントのアクセスも新記録です。

ご覧下さっている皆様、ありがとうございます。

感謝の気持ちで感動を体験しました。

一ヶ月の入院のあと、いろいろと自分を見つめ直す部分もあって、とにかく絵を描いていないとダメだなあと思いました。

生活の為に、働く事はどうしても必要で、先週は徹夜もあったり休日出勤もありました。

だけど、絵をだれかに届ける事が出来る喜びが、体の負荷を軽減するようです。人それぞれのバランスでしょう。僕の場合は描く事でバランスをとるみたい。

バランスって大事ですよね。バランスさえとれてれば、ちょっと難しい局面もすんなり通り過ごせたりします。

話は飛びますが、

太陽系第三惑星「地球」とそれを取り巻く複雑に絡み合ったシステムが、バランスを失いつつあります。多くの人がそういってますが、耳を傾けない人も沢山います。

僕ら一人一人も、その星の一部なので、もし自分の心や体がバランスを失ってると思う時があれば、それがこの星と相似形だと想像してみませんか。

母なる地球を回復する為に、様々な行動を僕たちは選択していくでしょう。政治が動く事も必要です。個人が幸せになって行く事も必要です。今までのライフスタイルを見直して変化への行動を起こして行く事も必要です。

そうだけれど、それらの行動を起こす原点はなんでしょうか。

心で、思って、行動する。

まず、心を母さん星・地球への感謝で満たせば、頭で考えてもなかなか見えてこない次への行動が見えてくるのではないでしょうか。

このブログで紹介するのは二度目になりますが、明日の夜、20:11に全世界で同時に感謝の気持ちを母なる星に送ろうというイベントがあります。夜の8時11分から一分でも、10分でも、1時間でもいいから、一人でも多くの人と一緒に気持ちを合わせられたらいいな。


http://www.firethegrid.com/


ちょっと目を閉じて、「母さん、ありがとう」ってつぶやくだけでも十分だと思います。

明日からは、また、あたらしい絵ブログのシリーズを始めます。

楽しみにしてください!

たくさんの人に知ってもらいたいから
←クリック!
人気blogランキングに一票ご協力お願いします!。

[PR]
by toktokpng | 2007-07-16 06:20 | カルチャー

ファイア・ザ・グリッド

d0023742_223688.jpg


今日はブログを読んでくださっている皆さんにお知らせがあります。

http://www.firethegrid.com/

上記サイトは、「今年2007年の7月17日に、世界中で地球への感謝と愛の祈りを同時多発で行なおう!」という事を呼びかけてます。
発起人はシェリーさんと言うカナダ人の女性です。彼女は宗教家でもヒッピーでもなく、普通の母親だったのですが、息子との交通事故以降、無視できないことが身の回りに色々と起こり、こういうイベントを呼びかけ、凄まじい数の人々へ共感が広がっているところです。是非一度、サイトを読んで下さい。

僕も、そのサイトを読んで、やっとその概要が分かりました。

皆さん、祈りには力が無いとおもいますか。地球を救うには具体的な地道な行動の積み重ねだけが有効だと思いますか。

確かめてみましょう。

一度、みんなで時間を合わせて祈ってみましょう。

2007年7月17日、日本での時間はPM20:11です。

なにかが変わるかどうか。

その時間を「祈り」に割り振るのは難しい人が多いと思いますが、
場所と時間を見つけ出して、それぞれの言葉で、それぞれの形で、この星へ愛の祈りを共有しましょう。

よろしくおねがいします。

「もっと広めようよ!」って思ってくれたらクリックお願いします!

[PR]
by toktokpng | 2007-06-24 22:03 | カルチャー

光を宣り伝えるもの

d0023742_1325426.jpg


陽射し跳ね 連休なか日のお昼時
影の伸びゆく アスファルトが上

昨夜は早くに会社をでて、友達の個展にいってきた。
空間自体を作品に見立てるインスタレーション作品が二点。

滝沢達史展

静かに、肯定的なエネルギーを宿した綺麗な展示だった。

ギャラリーのオーナーさんが、「二行詩のような・・・。」と仰っていた。

それで、僕もへたな短歌を冒頭に書いてみたんだが。
ギャラリーを後にして、友人と串揚げの居酒屋で話をする。彼がどれほど緊張感をもって「肯定」というエネルギーを提示したのか、話を聞いて更によくわかった。

物を作ろうとすることで人と関わろうとする仲間がたくさんいる。美しい物を作り出す事に苦心し自分を磨く仲間がたくさんいる。光を宣べ伝えようとしている僕の大事な仲間達。

今日の陽射しの向こうには希望が見える。

爽やかな光をありがとう。
[PR]
by toktokpng | 2007-05-02 13:25 | カルチャー