「らうん」とは僕がかつて暮らしたパプアの言葉で「旅する・ぶらぶらする」という意味です。光を描く画家、八坂圭が日々を見つめ、愛し、感じた事を福岡からつづっています。


by toktokpng
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:カルチャー( 32 )

で、オーロラ

オーロラさんの紹介をして、ついでにオーロラの事も書きたくなりました。


オーロラは写真でしか見た事がありません。
グリーンフラッシュとか、皆既日食とか(そういえば今朝見られた人いますか?)一度は見てみたい自然現象のひとつですよね。


太陽の風が地球に吹きつけて、それで地球がチリチリっと反応するらしいです。
風がとどいたよーって、少しだけ光って他の星たちに伝えてるんですかねぇ。
ちょうどキザハシに風が当たって舞うように、地球の北と南にいい感じの引っかかりがあるらしいです。
だから、その南と北の両方でチリチリって風が舞って、素敵な光のカーテンを見せてくれるらしいのです。


太陽は熱と光以外にもいろーんなものを投げかけてるんだなあと。
で、地球としては、いろんな形で「受け取りましたサイン」を出してるんだなあと。


パプアにいたときに、熱と光の恩恵が日本とは全く違うな、と実感しました。
その恵みを経済的に換算することができれば、先進国より豊かなんじゃないかと思ったくらいです。
まあ、そういう換算はできないし、出来ても宴会ネタくらいにしかなりませんが・・。


とりあえず、今日の段階で人間が価値づけられるものだけに評価額をつけて世界を見渡したら、先進諸国は確かに経済的先進国なんでしょう。
でも価値を見いだされるものって日々増えていってる気がするし、日々あたらしくなってますからね。
オーロラの価値って・・・。想像するとどえらい評価額が数年後にはついてるかも知れないですね。


虹とかもそうですけどね。


ぴかーん。
[PR]
by toktokpng | 2005-04-09 22:37 | カルチャー

オーロラさん

ブログってよく出来てますね。記事にカテゴリを設定してもそのカテゴリにいかなきゃ記事が読めないわけじゃないんだ・・。すごいなあ。こんなのHTMLで自分でやれっていわれても全然わかりませんー。
こういう便利な仕組みとかをいっつも考えては形にしてる人たちがいっぱいいるから、ブログができたんですね。ありがたい。
そういう、計算や分類や調査に対して人生の時間やエネルギーを使ってる人を理数系とかいってくくりますが、僕はあえてそういう人たちを「科学のとも」と呼びたいですね。


まだあの本あるんですかね。


ぼくも好きだったんですよ。科学のとも。
あと、理科とか算数とか好きだったんですけど、根気が無いので今は「科学のとものとも」くらいです。


で、今年の二月頃に本物の科学のともに会ったんです。


その人はオーロラのすごい人で、オーロラのサイトをやっています。
すっごいです。こんなサイト考えつかないし、できないし、みてて頭が気持ちいし、わくわくします。
http://www.u-zo.jp/
で、オーロラさんは、愛地球博がらみの賞をwebの部門で受賞されたらしいです。
(って、HPに書いてありました。)


オーロラさんの友達だから、科学のとものとも。
むかし科学好き少年だった僕はこういう人と出会えるとうれしい!!
[PR]
by toktokpng | 2005-04-09 21:32 | カルチャー